ラーメン通販 >  九州・沖縄 > このページ

玉名ラーメン

『玉名ラーメン』は熊本県のご当地ラーメンです。

『玉名ラーメン』のルーツは、福岡の「久留米ラーメン」にあります。1952年、「三九」が久留米市の屋台からオープンしました。(その後、3,4年で店をやめ、現在は、佐賀県で営業しています。)
またたく間に評判を得た「三九」のラーメンは、営業期間こそ長くはありませんでしたが、後に「熊本ラーメン」のラーメンチェーン店として全国展開することになる「味千」の重光氏などに影響を与え、熊本県のラーメン界に大きな影響を与えました。その後「三九」に影響を受けた店や、「三九」で修行して創業した「天琴」、「天琴」からの独立、と分化していきました。


その『玉名ラーメン』の特徴は、濃厚な豚骨スープと中細ストレート麺です。大抵揚げニンニクチップの使用が熊本ラーメンと共通する部分であると言えるが、玉名ラーメンのお店では、店員から投入の可否を問われるという違いがある。

玉名ラーメンの味は久留米ラーメンの味を汲んでいるとされているが、店外でも感じられるほどの強いトンコツ風味と、甘みのある濃い油脂のスープ、ニンニクチップが特徴。玉名ラーメンのあるお店ではスープにラードの膜が張っているところがあります。

九州熊本県の玉名ラーメン箱入り(4食分)焦がしにんにくの熊本とんこつラーメン

価格:1,350円
(2012/12/17 23:35時点)
感想(1件)




posted by 煮たまご at 2012年11月07日18:23 | Comment(0) | 九州・沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。